京都で、皆様に助けて頂きながら…お仕事させて頂いてます。ありがとうございます。気ままなひとり言です。
by tomoshop60
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
ホームページ制作
以前の記事
ホームページ制作
お気に入りブログ
ホームページ制作
ライフログ
ホームページ制作
<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
京都 堀川商店街
f0157058_14374362.jpg

堀川京極会(1925年 - 1945年)
堀川京極(ほりかわきょうごく)は、京都府京都市上京区にかつて存在した商店街・繁華街である。その範囲は「西堀川通の中立売 - 丸太町間」とされる。
明治初期にはすでに商家が軒を連ね、明治中期には商店街の様相をなし同名称で呼ばれるようになった。
第二次世界大戦末期の1945年(昭和20年)4月に執行された強制疎開によって、同商店街300店舗がわずか5日間の期限のうちに解体・更地にされ、戦後はおもに拡張された堀川通の道路敷となった。
Wikipediaより。
f0157058_14374567.jpg
強制疎開直後昭和21年の米軍が撮影した航空写真では、まだ堀川通りが空地状態です。
f0157058_14374661.jpg
昭和25年日本初下駄履き住宅と言われた堀川団地界隈の賑わいは、まるで祇園祭り開催中の四条通りのようです!

そして2013年〜
堀川団地プロジェクト
https://m.facebook.com/horikawadanchi
f0157058_14512722.jpg

[PR]
by tomoshop60 | 2014-11-27 14:37 | 京都
2014年 炉開き
今年も茶道では「炉開き」
11月〜冬の時期になりました。
茶道の世界では「炉開き」=「お正月」
お祝いの「おぜんざい」と「亥の子餅」をいただきました〜♪
f0157058_11413015.jpg

亥子餅(いのこもち)を食べるのは、旧暦10月(亥の月)亥の日に行われる年中行事です。
亥の刻にこの餅を食べると万病を祓うという中国の風習を取り入れたもの。
また、猪は多産であることから子孫繁栄、豊穣を祈ったという。
そして応神天皇は、皇太子の時に、猪に危難を救われた事を思い出して、吉例として、を発して、能勢・木代村、切畑村、大円村より、毎年10月の亥の日に供御を行うように命じ、亥の子餅の献上の起源であると言い伝えられている。
平安時代に宮中で行われた「亥猪の儀」の風習が広まったもので、猪の肉は宗教上の理由で餅に代えられた。
古書には「朝廷では餅を亥の子型に作り、大豆、小豆、大角豆、栗、柿、胡麻、糖七種を合せて粉を作りまいらせた」とある。
亥は五行思想(自然哲学)では水行で、「火災を逃れる」という信仰から、江戸時代この日を選んで囲炉裏や火燵、火鉢を出した風習がありました。

そして現在、茶道ではこの日に「炉開き」をし、「亥の子餅」「ぜんざい」「栗」や「柿」をいただき、お祝いをします。
f0157058_11401881.jpg
そして冬に常緑で日陰でも花を咲かせる性質が好まれ、
冬場の炉の季節の茶花は椿です。
最初は白玉椿
f0157058_11413089.jpg


[PR]
by tomoshop60 | 2014-11-06 12:34 | 趣味
京都 北野天満宮へ
f0157058_14383922.jpg
f0157058_14384069.jpg
f0157058_14384150.jpg
f0157058_14384241.jpg
娘達の厄除け祈願と、母の病気回復祈願に北野天満宮へ行きました。
年末年始は受験生で、春の梅の時期は観光客で混雑してますが、秋の紅葉の時期は空いてました〜(^o^)/



場所
京都 北野天満宮
京都市上京区北野天満宮

[PR]
by tomoshop60 | 2014-11-04 14:35 | 京都


ブログパーツ
↓↓↓クリック
最新の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
venussome.co..
from venussome.com/..
http://www.v..
from http://www.val..
雨の京都
from 「NIPPONをプロデュース..
タグ
外部リンク
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧